脱サラ

32歳サラリーマンが「脱サラする」と言った時の家族の反応は?!

2019年12月25日

悩む人
脱サラしたいって言ったら家族は何て言うのだろう。

脱サラに家族は賛成してくれるかな・・・。

経験者の体験談があれば聞いてみたいな。

 

これから「脱サラしたい」って気持ちを家族に伝えようとしている人はこれらの事が気になりますよね!

 

結婚していて、子供も妻もいる状況なら尚更だと思います。

 

脱サラなんて自分だけの問題じゃないし、家族の同意が無いと絶対できる物ではありません!

 

脱サラが原因で離婚問題になっては大変です。

厳重に慎重に扱いたい案件です。

 

かめ社長
と言うのも、3年前に脱サラした僕も、嫁と2人の娘がいる状況での脱サラでした。

脱サラの話をすると、何度も妻に反対され、離婚と言う文字がちらついた時期もありました。

 

それでも妻を納得させて脱サラして、現在3年が経ち、失敗することなく現在幸せに暮せています。

 

そして現在は、妻も僕もノーストレスで毎日過ごせるようになり、「脱サラして良かったね」と話す程になりました。

 

この記事では、脱サラしたい気持ちを家族に伝えたら何度も反対され、離婚の危機まで経験した僕の体験談をまとめました!

 

記事前半では、「脱サラしたい僕と、絶対反対の家族(妻)の9年に渡る体験記」を紹介します。

記事の後半では、僕の実体験から学んだ、脱サラしたい気持ちを家族に伝える最良なタイミング、気を付ける事を紹介しています。

あとリスクヘッジとして、妻に逆切れされた時の対処法も紹介しています。

 

この記事を読んだ後は、

  • 体験談を元に自分の家庭環境に落とし込みシュミレーションが出来る。
  • 自分が脱サラと伝えるタイミングがいつなのか分かる。

こんなメリットがある記事となっています。

 

あなたの素敵な人生のちょっとした道しるべになれれば幸いです。

脱サラしたいって言ったら家族は何て言うの?【体験談】

僕の場合、何度もタイミングを見て「脱サラしたい」と言う思いを妻に伝えてきました。

 

自分の実績が積みあがってきたらそれを持って話し合いに行くみたいな感じ。

 

なので1回の経験ではありません。

始めて「サラリーマンと言う生き方が嫌だ」と打ち明けたのは、まだ何がやりたいかも決まっていなかった時でした。

 

かめ社長
自分で何かやりたいと思ってるんだよね。

何かやることないかなー!

これが1番始めに嫁に会社員は嫌なんだよねって伝えた言葉かもしれません。

 

ま―この時はやることも決まってなかったし、そんな状態で会社辞める訳もないので一緒に相談に乗ってくれました。

 

そんな時に出会ったのがアフィリエイトでした!

 

ちょうど4度目の転職に成功したタイミングでした。

新しい仕事について、それと同時に副業でアフィリエイトも始めました。

 

僕の中でやることが決まればあとはそれで結果を出せば会社辞めれるので、目茶苦茶やる気マンマンでしたね。

 

このタイミングで子供も2人いたし、会社員の給料ぐらいを安定して稼げるようになれば嫁を納得させれると考えていました。

 

かめ社長
でもその後ずっと副業として続けていましたが、会社の給料を上回るなんて夢のまた夢で、全然結果が出ませんでしたね。

6年ぐらいはダラダラそんな感じだったと思います。

 

その間に、月収1万~10万は稼げるようになっていたので、アフィリエイトで稼げる事は確信していました。

 

だから諦めずに続けてこれたと言うのはあります。

 

副業で月に10万稼げれば凄いことですが、これでは生活できないので「会社辞めたい」なんて言えるタイミングにもなっていません。

 

あくまで会社の給料を上回ってから言うのが絶対ベースですから。

 

会社の給料以下で「会社辞める」が通用するはずがありません。

 

基本僕の嫁は「脱サラ反対」ですので。毎月安定した生活資金があればそれで幸せと言う感覚。

 

我が家の場合だと1カ月に生活費25万はほしいな。と言う感覚でした。

 

住宅ローン、保険、食費、子供の習い事、でそれぐらいはすぐに行ってしまいますよね。。。

 

かめ社長
それにはまだ15万もたりない・・・。

と言う心理状況。

 

この頃の嫁の感情

逆にこの頃の嫁の心理状況を分析すると、

会社員の給料20万+副業収入1~10万

嫁のパート代5万。

安定していて満足。と言った感じだったと思います。

今分析すると、この状況が長引けば嫁の幸福度はどんどん高まるので「脱サラ出来る」確率は下がりますね

 

この3年後に脱サラすることになるんですけど、

副業収入が増えれば、僕にとっては脱サラの夢が近づきます。

 

いっぽう嫁は、夫が本当に脱サラするとなるとリスクを意識しだした嫁もいました。

 

その不安から、

私は普通でいいんだよ。普通の家庭で。今幸せだし!

このように言われたことも何回もあります!

 

でも副業収入が20万ぐらいになった時に、「この収入が1年キープ出来たら会社辞めていい?」

って聞いたことがありました!

 

嫁の答えは、「1年キープ出来ればいいよ」

と言うものでした。

 

実際には1年キープするのは難しく、10万、20万、30万、時には5万になったり、収入の波が激しく安定させる難しさを感じていました。

 

かめ社長
月5万じゃ生活出来ないし、まだまだ無理だなー。
1カ月5万の時もあるのに辞めれる訳ないよね!

この時の会話はもちろんこんな感じですよね。

 

副業歴8年、会社で残業するより副業に時間を使った方が稼げるようになってきたので、会社は毎日定時で退社していました。

 

有給も積極的に消化して、脱サラする気マンマンで全力で副業に力を注いでいました!

 

その時の生活パターンがこんな感じです。

多忙な日々+行きたくない会社に行くストレスで、突発性難聴(メニエール病)にもなりました。。。

※無理のし過ぎは禁物です!!体を壊しては元も子もない!

 

「脱サラしたい」と言う思いを知り、こんな生活をずっと続けて来ていた僕を見ていた嫁は、

 

「離婚したほうが楽になるしそっちのが幸せになれるよ」

と言ってきた時もありました。

 

でも僕としては、離婚して脱サラしても意味ないので、

 

かめ社長
「それでは意味がない!絶対結果だして脱サラするから」

と言う事を伝えてました。

 

実際にはこんなやり取りは何回もありその度に、

「家族の時間が増えて、収入も増えて、自由な時間が増える事が夢」

と言う事を伝えました。

 

そしてある日、大きく気持ちが動く出来事がありました!

 

アフィリエイトやってる人が集まる飲み会があったんです。

 

僕は愛知県なので、開催地が大阪だったのですが実際に1カ月400万とか稼いでる方も来ると言う情報だったので行ってみました。

 

そしてこの行動から大きく動きがありました!

 

と言うのは、その飲み会で実際に稼いでる人と話をして、自分の現状を聞いてもらったんです。

 

かめ社長
脱サラしたくて毎日頑張ってるんですよね~

と言う生活の話です。いろいろアドバイスしてもらったり、話を聞いてもらったりしました。

 

そしてその時言われて1番響いた言葉が、

先輩
「今幸せじゃないでしょ?」

と言う言葉でした。

 

他にも、「ある程度結果も出てるみたいだし、会社の時間を副業の時間に回せばやれるんじゃない?」と言って貰ったり。

 

その事を帰ってから嫁に伝えました。

 

かめ社長
「なんか幸せじゃないでしょ?って言われて色々考えちゃってさー。

幸せなんだけど、幸せじゃないみたいな・・・」

と言う話をしました。

 

家族で過ごせるのは幸せなんだけど、その時間も少ないし、嫌な会社に通ってる以上そっちの面では幸せじゃないみたいな事を言いました。

 

成功している第三者から見ての感想と、こんなに頑張ってるのに今が幸せじゃない夫が可愛そうに思えたみたいで、なんと脱サラの許可を出してくれました。

 

「今日から1年後に会社辞めていいよ!」

と言ってもらえました。

 

波はあるけど「副業でも結果出てる月もあるし、それをこの1年でなるべく安定させてくれ」

 

と言うのが嫁の最後のミッションでした。

 

とは言え作業時間が増える訳では無いので難しい状況ではありましたが、

 

1年後に会社員の給料ぐらいはあったので本当に「脱サラする許可」を出してくれました。

 

当時嫁はずっとパートをしていたので、脱サラしたタイミングで一時的に半年間保険と言う意味も込めて、働く時間を長くしてもらいました。

 

世間から見たら、夫が家に居て嫁が外で仕事する。と言う少し僕に立場が無い感じですね。。

 

一時的に僕が主夫をやると言う形を取りました。

 

そして半年後。

 

嫁には専業主婦になってもらうことが出来て、現在ストレスフリーで暮らせるようになりました。

 

なんだかんだ9年間ひつこく諦めなかった僕の夢を嫁が叶えてくれた形ですね!

 

脱サラ反対の嫁を、時間を掛けて自分の頑張りと言う形で背中を見せてきて、それを認めてくれて嬉しかったですね。

 

嫁には感謝しかないですね。

脱サラしたい気持ちを家族に伝えるベストなタイミングとは?

脱サラしたい意志を家族に伝えるベストなタイミングは、僕の経験上「結果が付いてきたタイミング」です!

 

家族に伝えるタイミングと言う事で、結婚している前提で話しますが、やはり家族がいる以上自分だけの人生ではありません!

 

家族の人生も背負っているので、収入と言う形で父親の役割を果たす必要があると思います。

 

ですのでサラリーマンを継続中に副業として始めて、ある程度結果を残して、その実績を元に「脱サラの意思を伝えるのがベスト」と考えます。

 

他には、結婚はしていないけど家族(親)に言うタイミングが分からないと言う場合、

 

「独身なんだから自分の人生自由だろ!」と思ってしまいます!

 

独身なら、迷惑かけないなら自分が今と思ったタイミングでなんでも挑戦してみるべきですね!

 

脱サラしたい気持ちを家族に伝える時に気を付けるべき事とは?

脱サラしたい気持ちを家族に伝える時に気を付けるべき事は、「自分の人生だけじゃない」と言う事を忘れない事です。

 

家族の人生も背負っている事を自覚していれば、無責任な発言も無いでしょうから。

 

僕の嫁の感覚ですが女性はほとんどそうだと思いますが、「女性はリスクと変化を嫌います」

 

今の不自由ない暮らしがあるのに、「自営業になって収入が不安定になる」と言う現実を受け入れないといけない嫁サイドに、いかにリスクが無いかを伝えないといけません。

 

その為にはやはり、ある程度の実績と今後の予定も一緒に説明できるといいですよね!

 

嫁の不安を出来るだけ排除してあげれれば最高の形だと思います。

 

僕場合は、「ダメならサラリーマンにすぐ戻れば良いだけだし」と言う事は伝えてましたし、その覚悟は今でもあります!

 

脱サラした気持ちを家族に伝えたら妻に逆切れされた時の対処法

これは、ノープランで実績もないのに突然「会社辞めるわ」と言った場合に起こり得るシュチエーションではないでしょうか?!

 

かめ社長
もしくは、最高潮に機嫌が悪いときとかw

 

絶対に上記のタイミングで「会社辞める」と言う話をするのは辞めましょう!!!

 

何度も言いますが、まずは実績!小さい実績を積み上げて、脱サラの可能性を近づけてから家族と向き合いましょう!

 

まとめ

今回は、「脱サラしたい」って言った時の家族の反応を紹介しました。

 

家族と言っても、脱サラ反対の嫁に限定して話しました!

 

僕の場合、実績を作るのが遅かったので9年掛かりましたが、自分の家庭環境に置き換えてイメージ出来ましたか?

 

あくまでも、自分だけの人生ではないと言う事を忘れずに、あなたの家庭でもベストなタイミン見つけてみてください!

 

そして副業で実績を出し、「退職届」を手に家族に熱い思いをぶつけましょう!!

 

副業を今すぐ始めたい方におすすめの副業は以下の記事をご覧ください

副業おすすめ
脱サラ起業の成功事例に学ぶ!在宅副業で独立資金も貯めれる職業とは?

悩む人資金やスキルが無いけど、脱サラ成功出来る職種が知りたい   資金やスキルが無くても、脱サラに成功した事例 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
かめしゃちょー

かめしゃちょー

【子供2人・脱サラ反対の嫁・住宅ローンあり・パソコン初心者】でも9年副業でアフィリ頑張ったら脱サラ出来ました✨ 会社員時代は共働き💀家族の時間なし💀ストレスでメニエール病/難聴発症💀脱サラ後は月収200万達成‼夫婦でストレスフリー生活✨副業頑張ってる方にエールを発信! 転職5回/ブラック企業2社/月収200万達成🐢サラリーマン歴15年。 ▶詳しいプロフィールはコチラ

-脱サラ

Copyright© かめ社長BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.